« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

2008 J1 第14節 F東京 vs 千葉(味スタ)

次節、浦和と首位対決!!



と、途中で色気を出したのがいけなかった…?!



まったく、良くも悪くも佐原の日!でしたね。
観戦仲間の発した、
「人生の縮図を見るようだ…」
という言葉に激同;


今ちゃんが退場になった直後のPKストップを含め、
塩田の気持ちの見える好セーブには泣かされました。
あれがなければ4、5点はやられていたかも…。
まあ、立石も良かったわけですが。
あれがなければ2、3点はry…f(^^;)


徳永のセンターバックなど、城福監督が語った通り
あらゆるシュミレーションをして臨んだ一戦だった
ということはこちらから見ても解りました。
なだけに、勝ち点1というのは悔しいです…。

それでも10人で80分、よく頑張ったよ、ね…。
気持ちを切り替えて、また水曜日、ですね。




さーて、早く寝て起きて、EURO決勝見なくちゃ!!


-------------------------------------
6月29日(日) 2008 J1リーグ戦 第14節
F東京 1 - 1 千葉 (16:04/味スタ/27,976人)
得点者:39' 佐原秀樹(F東京)、68' レイナウド(千葉)
-------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

日本はグループAに!

W杯アジア最終予選組合せ抽選
が発表になりましたね~!


■抽選結果
・Group A
オーストラリア
日本
バーレーン
ウズベキスタン
カタール

・Group B
韓国
イラン
サウジアラビア
北朝鮮
UAE



ドイツW杯での悪夢の一戦が鮮烈すぎたせいか!?

「あちゃー!オーストラリアと同組かよー;」

という反応がいちばん多いのかもですね。
俊輔もテレ朝のニュースでそんな反応してたし。
まあでも、AでもBでもキビイシイのは一緒だものね。


そして、協会がキライであろうと監督がキライであろうと
最終予選ともなれば燃えないわけにはいきません。
絶対に負けられない戦いがそこにはある!!
のだから。


とは言いながらも、社会人たるもの、
全試合現地参戦、というわけにはいきません…
というわけで、

どこのAwayに行こう?!

わたしたちにとってはそれがイチバン大事!
以下、スケジュールを確認しながら吟味します。


■日程

マッチデー1:2008年9月6日
 (バーレーンvs日本 @バーレーン)

マッチデー2:2008年9月10日
 (試合予定なし)

マッチデー3:2008年10月15日
 (日本vsウズベキスタン @日本)

マッチデー4:2008年11月19日
 (カタールvs日本 @カタール)

マッチデー5:2009年2月11日
 (日本vsオーストラリア @日本)

マッチデー6:2009年3月28日
 (日本vsバーレーン @日本)

マッチデー7:2009年4月1日
 (試合予定なし)

マッチデー8:20009年6月6日
 (ウズベキスタンvs日本 @ウズベキスタン)

マッチデー9:2009年6月10日
 (日本vsカタール @日本)

マッチデー10:2009年6月17日
 (オーストラリアvs日本 @オーストラリア)


まずは初戦のAway、バーレーン!
これは少し大事。大事度80%くらい。
初戦なので勢いをつけたいし、3次予選でも同組だった
バーレーンにはカタをつけておきたいし。
それにバーレーンにはドイツW杯の最終予選でも
行ってるので、個人的な思い入れもあったりして。
(詳しくはビバ!サッカーライフ参照w)


カタールにも行ってみたいけれど、
マッチ4では進退は決まらないのが惜しい!
どうせなら付加価値のあるAwayに行きたいのー
と思うのはぜいたくかしら?


となると、残すはマッチ8のウズベクか、
マッチ10のオーストラリアか。
マッチ8あたりは、ひょっとすると
予選突破が決まる試合になるかも?!
付加価値高そう♪


そしてマッチ10…。
おそらくココまでに予選突破は決まっている(希望)
ので、残念ながら消化試合になりそう。

けど万が一、ここまでで決まっていなければ
役満に裏ドラが乗るくらいの跳ねっぷりが
見れちゃうかも!?
それこそガチガチの厳しい試合になることウケアイ。
6月のオーストラリアということで、
新婚旅行などと絡めて行くのも良いと思われマス♪w
その前に、予選敗退が決まっていたり(爆)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 日本vsバーレーン(埼スタ)

俊輔もわたしと同じッ

heart04

埼スタとは相性が悪いようでーーーw



「キツイとは思っていたけど、自分でキツくしてしまった。
 コースもスピードも狙い通りで、失敗したわけじゃない
 けどコースを読まれた。」
2002年W杯では最後の最後でメンバー落ちする屈辱を
味わった。W杯への思いの強さがプレッシャーとなって
いたのか---



と書かれたのは2004年の2月18日、
ドイツW杯アジア1次予選初戦のオマーン戦後。
このときも、試合終了間際の(ドラゴン久保の)
得点で辛勝だったんですよね。


そんなわけで、


PK外せば勝つ!俊輔複雑?不敗神話


なんていう記事を飛ばされるはめになり、
さすがの俊輔もちょっぴりカワイソウ;



ちなみにワタクシはと言えば、
オマーン戦のPK失敗とセットでどーーしても!
思い出してしまう出来事がありましてーーー。


それはもう、神様が与えた試練のように、
当時の中村俊輔ファンが抱いた共通の痛みーー。



喜んでお祝いしてあげたい…ああ、それなのに、


「余計な邪念が入れとるから失敗するんじゃぁ、ボケ!」



という悪魔の声に心を支配されてしまいそうな、
かわいさあまってにくさがひゃくばい
というのはこういうの気持ちなのね?!?!
みたいなーーー。



で、探してみましたよ、当時のスクラップ。
出てきたブツがコレ。


うーん、今になって考えると、余計な邪念のせい
(だけ)ではなかったのかもしれないわね;
人間だモン、(1回や2回)失敗することもあるよね!
当時は疑ったりしてゴメンね、俊タン…今更だけど、
結婚、おめでとうheart01


20080623222305



-------------------------------------------
6月22日(日) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選
日本代表 1 - 0 バーレーン代表 (19:20/埼玉/51,180人)
得点者:90' 内田篤人(日本)
-------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 タイvs日本(バンコク)

EURO、面白すぎ!


てなワケで、寝不足のため更新さぼってます。
とかイイワケしてごめんなさい☆


ついでにツール・ド・スイスもはじまって、
忙しいったらありゃしない!
録画して観て録画して観て録画して……って
飲みに行っちゃったらいつ観るの?!みたいな。



どうでもいいけど、ツリオさんとボンバーは
高いですね~。

「オレ流」宣言以来、岡ちゃんへのマイ評価はdownwardright
だったけれど、練習をほとんど非公開にして、
セットプレーからの得点パターンをあそこまで
徹底するところ、セットプレーをもらうための
選手選考など、超現実的なところは
「1勝1分け1敗」と言ってヒンシュクをかった
昔とちっとも変わってなくて、けっこう好きです。


ただ、手負いの俊輔をムリに使うのは
現実的を通り越して慎重すぎたのでは…!?
心配で心配で見てるの辛かった…weep


俊輔を温存しても勝てただろうとは思うけど、
なんならバーレーン戦までひっぱった方が
興行的にも美味しかったという気も…。
それともそんなにホームでバーレンに勝つ自信が
なかったのかしらん???



6月14日(土) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ
アジア3次予選
タイ代表 0 - 3 日本代表 
(19:20/タイ・ラジャマンガラ/25,000人)
得点者:23' 田中 マルクス闘莉王(日本)、
39' 中澤 佑二(日本)、88' 中村 憲剛(日本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 taオマーンvs日本(オマーン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

Happy Birthday♪

Happy Birthday♪
本日は、日本に初めてワールドカップを紹介したジャーナリストであり、わたしもメンバーであるビバ!サッカー研究会主催者の牛木素吉朗先生の76歳のお誕生日でしたっ♪
というわけで、U-23カメルーン戦の後、新宿の居酒屋まさみやさんでお祝いをしました。
先生、おめでとうございま〜す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

緑憎んで人を憎まず?

例の件で。


ゴール裏メイン寄りにいたわたしからは
何が起きているのかよくわかりませんでした。
正直、今でも何がきっかけでどのタイミングで
このようなことが起きてしまったのか解っていません。
が、解っていないなりに感じたことを書いてみます。


試合終了後バクスタ側の東京ゴール裏付近に
なんか息巻いた緑の人が何人か来てました。
まあ、こんな試合見せられたらイライラするのも
解らなくもないけれど…ウチに当たるのは筋違いだよ、
怒るなら、腑外ない試合した自分んトコに
怒ればいいのに……なんて思って眺めてました。

ウチの真ん中が冷静?でヨカッタとも思いました。
数で勝ってる方が相手しちゃったらやばすぎるので。
浦和の二のま…
実際、2曲くらい、踊ったり歌ったりしてただけw
でケンカ売るような煽りをしたとも思えず、
浦和やら浦和やら浦和やらみたいなエラソーさも
皆無だったし、ただの、その意味のままの「煽り」
だと思ってたので、何で緑の方がいらしたのー?
意味不明…とまで思ってました。

緑は緑でも、ほとんどの方は冷静でしたし、
静かに(意外に多かった)弾幕を片付けていたり、
息巻く男子をなだめる女子がいたりと、
それほど大事になってるような感じはしませんでした。
もしかしたらその後に起きたことなのかもしれませんが。


帰り、千駄ヶ谷門に抜けられなかったことに
ちょっとムカっときたくらいで、
ゴタゴタのことはすぐに忘れてしまい…
帰宅したらニュースになっていた…という感じです。


大事に至らなくて幸いだったと思いますが、
最近評判が落ちているスタジアムの安全性が
またしても問われる事態となってしまい残念です。。


そもそも、ウチ(の真ん中の人たち)が
わざわざ?東京ダービーを盛り上げているのは、
Jを、サッカーを盛り上げるため!
ただそれだけなんじゃないかな~?と思うのです。

現在の成績ではたまたま上位にいるけれど、
本来の図式は、伝統も知名度も上の緑さんに
ポッと出のウチがちょっかい出してる…
というのが面白いと思ってやっている、
本音は切磋琢磨して、お互い盛り上がろうぜぃ!
と思ってる。と、わたしは思ってる…。
まあ、先方はそれこそがウザイのかもしれませんが…

Jのために、切磋琢磨するために、お互いのために
やってるコトを真に受ける緑さんに、逆にシラケた?
ため被害届けを出さなかったのでは?と思ったり;


煽りのような「遊び心」に、このようなキケンが
潜んでいるなんて考えてもみなかった、
ということはないけれど、そればかり気にするのも
ツマラナイ、淋しい…と感じます。


勝ったら喜ぶ、負けたら悔やむ、
そして次こそ、喜べるように頑張る!
相手がどうのではなく、自己完結。
人生もサッカーも、そうでなくては
苦しくなるばかりだと気付くことができたのは、
わたしがもう若くないから、ですかねぇ……。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

また勝っちゃったッhappy01

記念に?!初・絵文字↑(笑)




1点目はカボレ。
五輪代表遠征から復帰した梶山がヴェルディの
ザルディフェンスの裏にロングボールを入れると、
走り込んで飛び出した土肥をあざ笑うかのような、
土肥の頭上を越えるループシュートを放つ。


2点目、サンッ!点目、4点目は平山っ!
むっくんこと椋原が果敢に攻めあがってGETした
羽生のCKにヘッドで合わせてGOAL!
後半開始早々にはカボレからのグラウンダーの
ボールをドロ臭く蹴り込んでGOAL!!
ナオのCKにまたまたヘッドで合わせてGOAL!!!



今日はなんといっても平山のハットトリックですね!
やればできるんじゃん!みたいな(笑)
本人が一番嬉しいんじゃないかな~?と思われ♪


そして今日は得点までの過程も良かったですね!
起点となっているカボレはもちろんのこと、
椋原も、そして初見参のGK荻晃太も良かった!

これでダービー三連勝
ああ、気持ち良かった♪♪













と、思っていたところで例のコレ
とても残念です。。。



--------------------------------------------
6月8日(日) 2008 ヤマザキナビスコカップ
東京V 2 - 4 F東京 (15:00/国立/12,257人)
得点者:11' 廣山望(東京V)、16' カボレ(F東京)、19' フッキ(東京V)、43' 平山相太(F東京)、45' 平山相太(F東京)、76' 平山相太(F東京)
--------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 オマーンvs日本(オマーン)

ぶっちゃけ、

負けなければいいや

と、思ってました。


Awayだし、2位なら上行けるし、灼熱砂漠だし。

まあ、勝ってたらラクになったのでしょうけど、
埼スタのバーレーン戦まで引っ張った方が
盛り上がりそうな気もしますし。

とか言いながら次のタイで負けたりなんかしたら
シャレになりませんけどねーーーf(^^;)



ぶっちゃけ、

途中から寝てた

ので、ヤットのPKとか楢崎のネ甲ぶりとか見てません。

でも、1-1のドローは充分想定内。
そうですよね~?


それにしても、大久保は変わらないなぁ…;

------------------------------------------
6月7日(土) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選
日本 1 - 1 オマーン 
(22:15/オマーン・ロイヤル オマーン ポリス)
得点者:12' アハメド・ムバラク(オマーン)、53' 遠藤保仁(日本)
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

本気で焼肉@もとやま

本日は、会社のさわやかなメンバーだけが参加できる
グルメ同好会、「さわやか会」の活動日でした♪

リーダーの女性は関西出身のセレブ系美人。
そして、通称「焼き肉姫」と呼ばれるくらいの
肉好きでもあります。

というわけで、本日のさわやか会は
焼き肉姫のその鋭いアンテナにひっかかったお店、
焼肉もとやま本店にて開催とあいなりました☆

※ 以下、お腹がいっぱいの方、ドクターストップなどで
食事制限をされている方は読まないでください。
きっと気持ちが悪くなります、または怒り狂いますf(^^;)



さて、本日の参加者は4名。
焼き肉姫と、美味いモノには目がないキラ系王子、
食べるのとしゃべるのが大好きなハナちゃん、
そして、食べるよりは飲む方が好きなわたし、の
男一人、女三人でございました。


焼肉もとやまは大江戸線新御徒町が最寄りという立地。
虎ノ門のオフィスからは行きにくい…ということで、
末広町からタクシーで行っちゃうことに。
というのもこちらのお店、アクセスに難アリならではの、
片道タクシー代(1メーター)サービス&ドリンク1杯目無料!
というサービスがあったのであります☆
(くわしくはコチラ



いよいよ、本気で焼肉のスタートです。
といっても、わたしにでしゃばる場は与えられてません。
乾杯ビールをごくりとやった後は全権を姫と王子に託し、
あとは出てきたモノをひたすら食べるのみ…!


さすがの焼き肉姫、まずオーダーしたのは
レバサシとユッケ。それにキムチ盛り合わせを
各二人前ずつにサラダ。

写真はレバサシ。
にんにく醤油とゴマだれの両方で楽しみます。

F1000050



続いて、姫が不敵な笑みを浮かべながら店員さんに質問。

「こちらでおすすめの食べ合わせを教えて頂けますか?」


さすが、焼き肉道に通じてらっしゃる方は違います!
遠回りしたくないのワタシ、的な気合が美しい!


そこでおすすめされたのがこちらの
みずじ・とうがらし・さんかくの特選三種盛り!
どれもこれも生でも食べれちゃうくらいの逸品。
2~3秒あぶってわさび醤油で頂きました。
みんな網から上げるのが早すぎて、
焼いてる写真は撮れませんでしたf(^^;)


F1000049


そして、こちらは禁断のお肉。店員さん曰く

裏メニューの中の裏メニュー、


いつもあるわけじゃないスペシャルな肉、
本日も限定一食だった

神戸牛の○○ッ!!
(すみません、名前忘れましたっ;)

お味は…いちばん近いのは大トロ??
というくらい、とろっとろのとろっ♪
ホント~~ォに、やばかったです(><)

F1000048


とりあえず、欲望が満たされた焼き肉姫。

「フツウに、塩・たれ・みそとかも行っとこうか♪」

との号令で、いよいよ定番メニューに突入。


ネギタン塩~!
F1000047

カルビ&ハラミ~♪(写真はカルビ)
F1000045


あ、写真撮るの忘れてしまいましたが、
ホルモンの味噌味も頂きました!
飲みながら食べるにはもってこい!のお味で、
と~っても美味しかったです(^ー^)


他に裏メニューのさぶとんやリブなどもおススメ
されましたが、まあ、肉はほどほどに(どこが?)、
ご飯ものもやっつけておくことに。

お出汁がきいてて大変味わい深かった
キムチクッパ。
F1000044


まあ、焼き肉といえばコレで〆でしょう♪の定番、
ユッケビビンバ。
F1000043


もちろん!お口直しには別腹を、というわけで
グァバとレモンのシャーベットも頂きました♪
(写真はグァバシャーベット)
F1000042


以上を完食し、わたしとハナちゃんはお腹いっぱいで
相当苦しくなってましたが、姫と王子は
「ちょうど良かったね♪」
って言ってました。さすがですf(^^;)


ちなみに、こんだけ食べたのでお酒の方は進まず、
一人2杯しか飲まなかった…ということもあるのですが、
お会計は20,120円という脅威の安さっっ!!
焼肉もとやま、超オススメかもです☆


というわけで、焼き肉姫にもご満悦頂き、
本日のさわやか会はお開きになりましたとさ。
めでたし、めでたし♪

く、くるしーーー…f(^^;)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

「窓」-原爆とサッカー-

朝日新聞夕刊、「窓」より。
----------------------------------------------
 日本サッカーの代表監督や協会会長を務めた長沼健さんが77歳で亡くなった。他人を受け入れる懐の深さ潔癖さが印象的だった。
 サッカー人生の原点を聞くと、広島生まれの長沼さんは被爆体験をあげた。原爆の投下は、高等師範の付属中学時代。市の中心部から疎開先の自宅へ戻る途中だったことで、命を拾った。
「一度は死んだも同然。あとは神様がくれたボーナスみたいなもんだね」
その一方で「諸悪の根源は公私混同。私心が道を間違わせる」とも話した。
 不条理な体験が、その後の人生観を染め分けてきたことは疑いようもない。
 大学のスター選手だった長沼さんが古河電工に入ると、チームはめきめきと強くなっていった。企業がスポーツに力を入れ始めた時代の流れもあったが、彼を慕うように人材が入ってきた。
 日本サッカー協会の川渕三郎現会長や代表チームの岡田武史監督ら、サッカー界の中枢に占める古河電工出身者は多い。
彼には自然と人が集まってくる魅力があった」。当時32歳でまだ現役でプレーしていた長沼さんを東京五輪の監督に登用したのは、日本の再建託されてドイツから招かれたクラマーさんだ。
東京五輪で8強、メキシコ五輪で銅メダルに輝いたが、その本領は監督より、会長だったろう。02年W杯の日韓共催を受け入れ、98年フランスW杯最終予選では、監督交代に踏み切った。決断の人でもあった。


----------------------------------------------

論説委員の西村良太郎氏が語る長沼健さん像。
どこぞの誰かにもぜひ読んで頂いて、
我が身を振り返って頂きたくなりますねぇー。
Wikiを読むと更にその功績、そしてお人柄が偲ばれます。
遅ればせながら;
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 日本vsオマーン(日産ス)

------------------------------------------
6月2日(月) 2010 FIFAワールドカップ
南アフリカ アジア3次予選
日本 3 - 0 オマーン (19:20/日産ス/46,764人)
得点者:
10' 中澤佑二(日本代表)、22' 大久保嘉人(日本代表)、
49' 中村俊輔(日本代表)
------------------------------------------


1点目。ドンキーこと長友の突破からコーナーゲット。
ヤットの正確なキックに合わせたのはボンバーヘッド♪

2点目。俊輔からのロングパスを攻めあがっていた
ツリオさんが頭で落とし、走りこんだ大久保がGOAL♪

3点目。左サイドのライン際でボールを奪った松井が
中央の俊輔にパス!DF二人をかわして右足シュート♪



以下、現地の模様を携帯カメラの画像にて
お楽しみくださいませ!?


F1000038
選手紹介~♪

F1000036
フェアプレイフラッグ入場~♪

F1000035
選手入場~♪

F1000033
整列~♪

F1000027
俊輔~♪

F1000024
アップする今野~♪

F1000020
おじぎする長友とピッチに走ってゆく今野~♪

F1000019
攻め上がるLSB今野~♪

F1000015_2
試合終了~♪

F1000012_2
おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぅぅぅっれいっっ!




てなカンジで、
久しぶりに楽しい代表戦でした♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

俊輔と目が合った♪

俊輔と目が合った♪


と、勘違いできちゃうくらいの距離♪

本日のオマーン戦、メインスタンド一階のほぼ真ん中、前から2列目のお席でしたっヾ(^▽^)ノ
チケットを譲ってくれたお友達に感謝♪


見ずらくて雨にも濡れた…ということは内緒にしておこうと思います(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

2008 ヤマザキナビスコ杯 F東京 vs 清水(松本)

LIVREさんのバスツアーにて松本参戦♪



…させて頂こうと思っていたのですが
申し込みが遅すぎたようで;満員御礼でした☆


ので、友人とあーでもないこーでもないと相談し、
おクルマに乗せていってもらって参戦!!

となるはずだったのに、そう決めた矢先の木曜日、
どんぴしゃで風邪をひいてしまい…orz
で、結局はMXTVにて自宅観戦するはめに;
(篤姫の再放送とナビ観戦、夜のジロ・デ・イタリアと
テレビを見てる時間以外はずーっと寝てました!←ダメ人間)



ところでわたし、


藤本淳吾が好きなんですぅ♪

わたしが最も敬愛しているサッカー選手
日本代表不動の10番中村俊輔と同じ、
桐光学園出身のレフティ!


な、だけに!


東京の遠いホーム松本アルウィンのピッチに
後半から登場してきたなーーと思ったら、
見事なまでに清水を生き返らせ、
東京が大事に大事に守ってきた貴重な、
たった1点のリードを塩田の前でバウンドさせるという
トリッキー?なFKで覆されてしまっても怒れず…;


そう、勝ち点「2」を失ったのは
藤本のせいでも佐原のせいでもない、
何度もチャンスがありながら追加点が奪えなかった
みんなのせい、なんでしょうね…。
それにしても惜しかったなぁ…;ああ、ハワイ…。

藤本淳吾のブログはこちら♪
マイペースな左足

5月31日(土) 2008 ヤマザキナビスコカップ
F東京 1 - 1 清水 (14:04/松本/7,941人)
得点者:8' ブルーノクアドロス(F東京)、88' 藤本淳吾(清水)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »