« 第88回天皇杯準々決勝 清水vsF東京(ユアスタ) | トップページ | あけましておめでとうございます&第88回天皇杯決勝 »

2008年12月30日 (火)

決意

仕事になるわけもなく、ネットのスコア速報とにらめっこ。F5キーを押すたびに緊張が走った90分。シュート数はほぼ互角、いや、若干東京が押してるみたいだ!見えない映像を頭に描きながら心の中でチャントを歌う。

鈴達ゴールに飛び上がりそうになるのをこらえ、羽生OUT、フランサとリの登場に眉間に寄る皺。でも信じてた、チームを選手を監督を、そして現地の仲間たちを!


43分、無情に点灯する1−2…。何かの間違いじゃないか?ロスタイムにやってくれるはずだ…!


後半終了…信じられない。鳥取に仙台に、こんなに東京を追いかけたのに、知らないところで終わってしまうなんて、信じられないよ…。元旦国立ではしゃぐ自分をありありと想像できるのに、こんなカタチでシーズンが終わってしまったなんて、にわかに信じがたいじゃない!


ごめんね。何が足りなかったのかな。後押しかな。

そんなメールが届く。あやまらないで…みんなのせいなわけがない。行けなかったことが悔やまれる、ひしひしとのしかかる。


きっとね、ちょっとだけ何かが足りなかった、サッカーの神様がそう判断を下されたのだ…その何かは、こんな、苦い経験。。

リーグ6位、ナビスコ8位、そして天皇杯ベスト4。
城福東京初年度を来年以降のための積み上げ期とするならば、この悔しさは嬉しい誤算といえるかもしれない。きっと、きっと来年こそはやってくれる。そのために、また後押ししていけばいい…。


決勝のチケットは、誰かに譲ってしまおうと思った。けれど、やっぱり国立に行こうと今は思っている。悔しさを噛み締めるために。

そこから新しい年が、歓喜で終わる年がはじまると信じて。

|

« 第88回天皇杯準々決勝 清水vsF東京(ユアスタ) | トップページ | あけましておめでとうございます&第88回天皇杯決勝 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

知らないところで終ってしまうって文がとても痛かったです。正直普段遠征されていない人たちだったら僕はあまり気にしないのです。子供がいたり時間が取れなかったりってみんな色々な事象を抱えていて僕達もこれでも必死になって仕事や時間を開けてきました。でもみっち~さんが来ていなかったのはショックだったなぁ。

鳥取だ仙台だ行けていいね~って僕も言われますが
実際行くのも時間作るのも経済的にも大変なんですよね。それが解っているだけにみっち~さんの悔しさが逆に僕には想像仕切れません。
コメントも入れようかどうか迷ったのですが敢えて投稿します。

城福東京はまだまだ続きます!
帰りの新幹線ホームで監督を見かけました。
まだまだ終わった顔をしていなかったのが印象的です!

ちなみに現在の遠征日記の最後の投稿「仙台遠征3」は試合前々日に書いてあったものですよ。。。
さすがにまだ能天気ブログは書けなかった。
今日ペーニャ忘年会に参加して少し回復しました。

また来年スタジアムで応援しましょう!

投稿: ひらすけ | 2008年12月31日 (水) 03時37分

>ひらすけさん

コメント、とても嬉しいです!

見届けられなかった悔しさなどよりも、現地で結果を目の当たりにし、現実を受け入れざるをえなかったひらすけさんたちの方がつらかったのではないかと思います。時間もお金も情熱もつぎ込んで燃やし続けた炎が、消えるはずのない瞬間に消えてしまうのをなすすべもなく見守るしかなかったなんて・・・想像するだけでもつらいです;なのに、こんなに温かいコメントを頂き、じーんとしちゃいました。本当にありがとうございます。。。

ひらすけさんのおかげで力が湧いてきたような気がします。そう、城福東京は終わっていない!むしろ、はじまったばかりですものねっ!引き続き応援がんばりましょうねっ!

というわけで、2009年も(主に遠征先でw)よろしくお願いいたしますッ♪

投稿: みっち~ | 2009年1月 2日 (金) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015248/26629528

この記事へのトラックバック一覧です: 決意:

« 第88回天皇杯準々決勝 清水vsF東京(ユアスタ) | トップページ | あけましておめでとうございます&第88回天皇杯決勝 »