サッカー日本代表

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン優勝!FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011


おめでとう
なでしこジャパン!!

いったい誰が、日本の優勝を予想してただろう!大会開幕前に催されたなでしこジャパンを語る公開シンポジウムでも、優勝候補になでしこの名前は出てきていなかった。これを読むと、ドイツに勝つことすら想像の範囲を超えた出来事だったということが伝わってくる。実際、山場は準々決勝のドイツ戦だったかもしれない。ここを勝ち抜いたのだから、あるいはもしかしたら…と、みんながその気になったと思う。そういう意味では、もっと簡単に優勝しちゃうような気すらしていた。(決勝前日に東京が、岐阜に4−0で勝ったため、気が大きくなっていたせいもあるけれど)

ともかく、決勝戦。前半開始早々のアメリカの猛攻を、シュートがポストやバーにヒットするなどの幸運もあってなんとかしのいだ後は、不安定ながらもやり過ごして、前半を0−0で折り返す。ここまでは、やっぱりこれはイケル!とどこかで思ってた。心拍数は上がっていたけれど。

ところが、後半24分、決して悪い流れでなかったところから、ロングパス1本のカウンターで先制されてしまう。一瞬よぎるいやな予感を打ち消し、テレビの前で声援を送る。すると、35分にペナルティエリア内の泥臭い攻防から同点弾が飛び出す!延長前半に勝ち越し弾を叩き込まれたときには、冷静で傷つきたくない頭は(もはや、これまでか…)と下を向きかけていたはずなのに、気持ちは「まだイケル!まだ15分もある!」と叫んでいた。

終了間際のコーナーキックから、エースの澤がゴールを決めたときには、やったーー!と絶叫しながらも、信じられない気持ちだった。二度突き放されて、二度も追いついたなでしこジャパン。PK戦開始前に組んだ円陣の真ん中に佐々木監督の笑顔を見たときには、ああ、これは優勝するな…と思った。そして……!!

表彰台の上、金色のトロフィーを掲げるブルーのユニフォーム、舞い上がりきらめく金のリボン、輝くトロフィーよりももっともっと輝いた笑顔、笑顔、笑顔…。アジアカップじゃない、ワールドカップのトロフィーだということに、また感動!!一生のうちに、何度体験できるか解らない。体験できるかどうかも解らない。母国のワールドカップ優勝という事実に、時間がたつほど膨らんでくる興奮と感動…眠いのに寝られなくて、嬉しい悲鳴(笑)

今まで一度も勝ったことのないアメリカを相手に、決してあきらめなかった彼女たちの気持ちに、本当に感動させられた!ありがとう、ありがとう!!ツール・ド・フランスとの掛け持ちは、正直辛かったけれど(笑)こんな辛さならいつでもウェルカム。次はまたすぐ、ロンドン五輪予選。ますます、華麗に咲き誇れ、我らのなでしこジャパン♪

・グループステージ

2011/6/27 日本vsニュージーランド@ボームフ(2−1)

2011/7/01 日本vsメキシコ@レバークーゼン(4−0)

2011/7/05 イングランドvs日本@アウグスブルク(2−0)

・準々決勝

2011/7/09 ドイツvs日本@フランクフルト(0−1)

・準決勝

2011/7/13 日本vsスウェーデン@フランクフルト(3−1)

・決勝

2011/7/18 日本vsアメリカ合衆国@フランクフルト(2−2、PK 3−1)

なでしこジャパン大会結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

どやっ!!韓国に劇的勝利♪(アジアカップ2011)

昨晩のアジアカップ準決勝日韓戦は盛り上がりましたねーーっ!!

今ちゃんのファウルで与えたPKから先制されたものの、長友→前田で追いついて、延長で岡崎がもらったPKを本田がはじかれたけど、突っ込んできた細貝が見事に押し込み、そのまま一点リードで逃げ切るかと思ったロスタイムにセットプレーの混乱から土壇場で追いつかれ、PK戦にまでもつれこむとGKの川島が川崎サポも目を疑う鬼セーブを連発!日本も長友が失敗しちゃうけど韓国の三人目も枠を逃してくれて、日本の四人目今ちゃんがやや自信無さそうに?けどキレイに決め、とうとう宿敵韓国に2005年以来の勝利ですよっ!!!ニッポン!ニッポン!!今野ではじまり今野で終わった感じがしなくもないですがw28歳の誕生日だったという特別な日に、こんなに目立てて勝利を納めることができて本当によかったですね!!今ちゃん、おめでとうっ♪

ザック・ジャパンはこれで負けなし何試合でしたっけ?それでなくとも南アW杯の余韻もあるし、なんだかサッカー人気が再燃してきているような…♪会社でも、そこかしこが昨晩の試合の話題で盛り上がっていたようで、「パク・チソン、日本語うまいね」とか「キ・ソンヨンかっこいい♪」などという声が聞こえてきて、いちサッカーファンとして誇らしい気持ちでいっぱいになりましたです!

日本代表の盛り上がりは当然日本経済の中枢である東証株式市場にも波及していたようで、金融情報ベンダーのパイオニアであるQUICKのニュースでも

 ◇テレビ朝日が一段高 高視聴率、アジア杯決勝にも期待
 ◇ミズノが底堅い  サッカー日本代表の着用で注目も
 ◇サマンサJPの上値が重い 「GK川島」効果限定

などとバッチリ取り上げられていましたよ☆もしかしたらすごいことかも!

ただ、株式相場に関しては、みんなが注目してるときがだいたい天井なんですよね。。。我らが日本代表も……いえ、何でもありません(苦笑)

決勝は土曜日!オーストラリアは手強そうです。香川が骨折という残念なニュースも入ってきました…(涙)けど、ここまできたら何としてでも優勝してほしいですね!がんばれ、ニッポン!!



そうそう、みなさまお待ちかねの「合コン四季報」を間もなく更新しようと思っています。お楽しみに〜(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

8年ぶりのアイーダ☆2010南アW杯初戦勝利に酔う♪

本日有給休暇をとっていた、わたしは勝ち組


今日一日が幸福に満たされていたであろう皆様、こんばんは~!いつものBARで勝利の美酒に酔い、イタリアvsパラグアイを見ながらうたた寝し、朝帰りして爆睡した後10時頃起きてきて、だらだらしていたわたしです。ああ~、なんというシアワセっ♪

日本中がブルーに染まった日韓大会から8年、ドルトムントで号泣してから4年、本当に、本当にいろいろなことがあって…。ときに顔をそむけ下を向き、そんな自分に嫌気がさしたりしながらも、それでもやっぱり、当たり前だけど日本代表が好きで、日本の勝利を信じて戦いたくって。いつものBARに集まったみんなと肩を組んで君が代を歌い、円陣を組んで魂を込め、現地に念を届けるために画面に向かって声援を送り続けた90分…。

超満員の店内にこだまする「ニッポン!」コール、そして「ドヤ顔!」コール(笑)。39分の本田ゴール!!の瞬間には、ぐちゃぐちゃもみくちゃになりながら、知らない人とも抱き合って叫んでましたっ!!

再び肩を組み、念じながら待った終了のホイッスル。澄んだ空を切り裂くような高音が響いた瞬間には、再びもみくちゃにされながら嬉し泣き…。明大前の駅まで深夜の凱旋のパレード、夜空に轟くアイーダ、2002年に舞い戻ったかのような歓喜…、いや、苦しんだ分余計に嬉しい、胸にじーんとくる、歓喜でしたね。。

日本の勝利を信じて、カメールーン戦後は朝まで祝杯あげてやるぞっ!と、あらかじめ有休をとっていた自分をホメてあげたい♪そして、同じ覚悟を持った類は友なみんなと、歓喜に酔いしれた一夜の素晴らしさといったら!!

絶対に負けられない睡魔との戦い!を余儀なくされた方々を横目に、スポーツ新聞をテーブルの上に並べながらテレビのワイドショーを見まくって、一日に何度も何度も勝利の瞬間を反芻して過ごす一日…これを勝ち組と言わず何と言う!


けど、本当の勝ち組は、現地南アフリカへ行かれた方々ですね…。信じて、あらゆる懸念を振り払って、遠く地球の裏側にはせ参じ、選手たちと共に戦ったたくさんの皆様に、心からの尊敬と拍手と、感謝の気持ちを送りたいです…。日本にいるわたしたちの分まで応援してくれて、本当にありがとうございましたッ!!

「まだ何も成し遂げていない。」そう、2010年のW杯はまだ初まったばかり。次戦の相手は強豪オランダ。簡単なわけがない。けれど、希望を胸に、対戦できることが嬉しい!!もう一度、歓喜の雄叫びをあげられますように、日本代表を愛するみんなと一緒に喜び合えますように…そう願いながら、金曜日までは余韻にひたりながら、祝杯をあげつづけようと思いまっす!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

南アフリカW杯最終予選 日本vsオーストラリア(日産ス)

やっちまったなー!


20090211191647



3戦3勝失点ゼログループ首位オーストラリアを超満員のホーム日産スタジアムに迎えた日本は、発展途上ではあるけれど自分たちのやるべきサッカーの片鱗を披露し、自分たちのやり方でチャンスをつくり、かなりの時間ボールを支配しながらも、結果的には引き分けで良かった先方の思惑に抗うことができず、ドイツW杯初戦の雪辱を晴らすことはできませんでしたね。

めずらしくチケット難民に陥ったわたしは、オージービーフビーフジャーキーコアラのマーチ(と当然ビール)を用意してのテレビ観戦でしたが、俊輔のFKに飛び上がり、ヤットのミドルに歓声をあげ、長友の粘りを我が事のように愛でながら、日本の勝利を信じて念を送っていたのですが…。

けれど、0-0のドローという結果そのものは、南アW杯出場を遠ざけるものではないですね。日本はきっとW杯に行けるでしょう。問題は、むしろその先。現時点でわたしが描ける最も可能性が高い未来像は、本大会に出場したものの望むような結果が得られずに途方に暮れる自分の姿=ドイツの時と同じ、です。目標はベスト4だなんて軽々しく口にしてほしくないけれど、本気でそこを目指しているのなら、なんとしてでも勝たなければいけない相手、それがオーストラリアだったはずなのに…そういう意味では特別な相手であり、マスコミが煽るのとは異なる理由で、とてもとても悔しいです。

けれど、そうやって感情移入するのはちょっぴりコワイことでもあります。今のままでは訪れてしまうであろう2006年と同じような落胆と失望と喪失感によるショックを味わいたくない…そんな警戒心が無意識に働き、わたしの代表に対するテンションを下げさせているのではないかと、そんな気さえする今日この頃。

そう、もしかしたらそれはすごくおこがましいことなのかもしれないけれど、わたしの中ではもうW杯は、ただ出られればいい大会ではなくなってしまっている。少なくとも、本気でベスト4を狙う、と思って出てもらいたいし、本気でベスト4が狙えるかもしれない…!と思って応援に行きたい。今の日本代表に決定力と同じくらい足りないのは、そう期待させる力なのではないかと思う。

今回のオーストラリア戦は、それを覆すチャンスだった。幸いなことに、超満員のホームで勝ちきれなかったことで失ったものが勝ち点「2」だけだと思っている選手は少ない模様。次のバーレーン戦では勝ち点「3」以上をなにがなんでも狙ってほしい!そう願わずにはいられません。



| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年6月28日 (土)

日本はグループAに!

W杯アジア最終予選組合せ抽選
が発表になりましたね~!


■抽選結果
・Group A
オーストラリア
日本
バーレーン
ウズベキスタン
カタール

・Group B
韓国
イラン
サウジアラビア
北朝鮮
UAE



ドイツW杯での悪夢の一戦が鮮烈すぎたせいか!?

「あちゃー!オーストラリアと同組かよー;」

という反応がいちばん多いのかもですね。
俊輔もテレ朝のニュースでそんな反応してたし。
まあでも、AでもBでもキビイシイのは一緒だものね。


そして、協会がキライであろうと監督がキライであろうと
最終予選ともなれば燃えないわけにはいきません。
絶対に負けられない戦いがそこにはある!!
のだから。


とは言いながらも、社会人たるもの、
全試合現地参戦、というわけにはいきません…
というわけで、

どこのAwayに行こう?!

わたしたちにとってはそれがイチバン大事!
以下、スケジュールを確認しながら吟味します。


■日程

マッチデー1:2008年9月6日
 (バーレーンvs日本 @バーレーン)

マッチデー2:2008年9月10日
 (試合予定なし)

マッチデー3:2008年10月15日
 (日本vsウズベキスタン @日本)

マッチデー4:2008年11月19日
 (カタールvs日本 @カタール)

マッチデー5:2009年2月11日
 (日本vsオーストラリア @日本)

マッチデー6:2009年3月28日
 (日本vsバーレーン @日本)

マッチデー7:2009年4月1日
 (試合予定なし)

マッチデー8:20009年6月6日
 (ウズベキスタンvs日本 @ウズベキスタン)

マッチデー9:2009年6月10日
 (日本vsカタール @日本)

マッチデー10:2009年6月17日
 (オーストラリアvs日本 @オーストラリア)


まずは初戦のAway、バーレーン!
これは少し大事。大事度80%くらい。
初戦なので勢いをつけたいし、3次予選でも同組だった
バーレーンにはカタをつけておきたいし。
それにバーレーンにはドイツW杯の最終予選でも
行ってるので、個人的な思い入れもあったりして。
(詳しくはビバ!サッカーライフ参照w)


カタールにも行ってみたいけれど、
マッチ4では進退は決まらないのが惜しい!
どうせなら付加価値のあるAwayに行きたいのー
と思うのはぜいたくかしら?


となると、残すはマッチ8のウズベクか、
マッチ10のオーストラリアか。
マッチ8あたりは、ひょっとすると
予選突破が決まる試合になるかも?!
付加価値高そう♪


そしてマッチ10…。
おそらくココまでに予選突破は決まっている(希望)
ので、残念ながら消化試合になりそう。

けど万が一、ここまでで決まっていなければ
役満に裏ドラが乗るくらいの跳ねっぷりが
見れちゃうかも!?
それこそガチガチの厳しい試合になることウケアイ。
6月のオーストラリアということで、
新婚旅行などと絡めて行くのも良いと思われマス♪w
その前に、予選敗退が決まっていたり(爆)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 日本vsバーレーン(埼スタ)

俊輔もわたしと同じッ

heart04

埼スタとは相性が悪いようでーーーw



「キツイとは思っていたけど、自分でキツくしてしまった。
 コースもスピードも狙い通りで、失敗したわけじゃない
 けどコースを読まれた。」
2002年W杯では最後の最後でメンバー落ちする屈辱を
味わった。W杯への思いの強さがプレッシャーとなって
いたのか---



と書かれたのは2004年の2月18日、
ドイツW杯アジア1次予選初戦のオマーン戦後。
このときも、試合終了間際の(ドラゴン久保の)
得点で辛勝だったんですよね。


そんなわけで、


PK外せば勝つ!俊輔複雑?不敗神話


なんていう記事を飛ばされるはめになり、
さすがの俊輔もちょっぴりカワイソウ;



ちなみにワタクシはと言えば、
オマーン戦のPK失敗とセットでどーーしても!
思い出してしまう出来事がありましてーーー。


それはもう、神様が与えた試練のように、
当時の中村俊輔ファンが抱いた共通の痛みーー。



喜んでお祝いしてあげたい…ああ、それなのに、


「余計な邪念が入れとるから失敗するんじゃぁ、ボケ!」



という悪魔の声に心を支配されてしまいそうな、
かわいさあまってにくさがひゃくばい
というのはこういうの気持ちなのね?!?!
みたいなーーー。



で、探してみましたよ、当時のスクラップ。
出てきたブツがコレ。


うーん、今になって考えると、余計な邪念のせい
(だけ)ではなかったのかもしれないわね;
人間だモン、(1回や2回)失敗することもあるよね!
当時は疑ったりしてゴメンね、俊タン…今更だけど、
結婚、おめでとうheart01


20080623222305



-------------------------------------------
6月22日(日) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選
日本代表 1 - 0 バーレーン代表 (19:20/埼玉/51,180人)
得点者:90' 内田篤人(日本)
-------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 タイvs日本(バンコク)

EURO、面白すぎ!


てなワケで、寝不足のため更新さぼってます。
とかイイワケしてごめんなさい☆


ついでにツール・ド・スイスもはじまって、
忙しいったらありゃしない!
録画して観て録画して観て録画して……って
飲みに行っちゃったらいつ観るの?!みたいな。



どうでもいいけど、ツリオさんとボンバーは
高いですね~。

「オレ流」宣言以来、岡ちゃんへのマイ評価はdownwardright
だったけれど、練習をほとんど非公開にして、
セットプレーからの得点パターンをあそこまで
徹底するところ、セットプレーをもらうための
選手選考など、超現実的なところは
「1勝1分け1敗」と言ってヒンシュクをかった
昔とちっとも変わってなくて、けっこう好きです。


ただ、手負いの俊輔をムリに使うのは
現実的を通り越して慎重すぎたのでは…!?
心配で心配で見てるの辛かった…weep


俊輔を温存しても勝てただろうとは思うけど、
なんならバーレーン戦までひっぱった方が
興行的にも美味しかったという気も…。
それともそんなにホームでバーレンに勝つ自信が
なかったのかしらん???



6月14日(土) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ
アジア3次予選
タイ代表 0 - 3 日本代表 
(19:20/タイ・ラジャマンガラ/25,000人)
得点者:23' 田中 マルクス闘莉王(日本)、
39' 中澤 佑二(日本)、88' 中村 憲剛(日本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

2010 W杯南アフリカ アジア3次予選 オマーンvs日本(オマーン)

ぶっちゃけ、

負けなければいいや

と、思ってました。


Awayだし、2位なら上行けるし、灼熱砂漠だし。

まあ、勝ってたらラクになったのでしょうけど、
埼スタのバーレーン戦まで引っ張った方が
盛り上がりそうな気もしますし。

とか言いながら次のタイで負けたりなんかしたら
シャレになりませんけどねーーーf(^^;)



ぶっちゃけ、

途中から寝てた

ので、ヤットのPKとか楢崎のネ甲ぶりとか見てません。

でも、1-1のドローは充分想定内。
そうですよね~?


それにしても、大久保は変わらないなぁ…;

------------------------------------------
6月7日(土) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選
日本 1 - 1 オマーン 
(22:15/オマーン・ロイヤル オマーン ポリス)
得点者:12' アハメド・ムバラク(オマーン)、53' 遠藤保仁(日本)
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

『サッカー日本代表フラッグベアラー募集のお知らせ』

『サッカー日本代表フラッグベアラー募集のお知らせ』


当社グループがサッカー日本代表のサポーティングカンパニーであることに伴い、広報部ではこの度、グループ役職員のご家族を対象に、日本代表戦の前に日本もしくは相手国の国旗を持って入場するフラッグベアラーを募集します。奮ってご応募ください。

■対象試合:キリンカップサッカー 日本代表vsパラグアイ代表
■日時:平成20年5月27日(火)
■会場:埼玉スタジアム2002
■応募対象:
  ①グループ役職員の子ども
  ②小学校4年生~中学校3年生
  ③実施日に会場へ17:00に集合可能であること


















あーそうですか、そういうことですか!
がっくし…(--;)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

代表選出ラッシュ!

春はあけぼの、代表花盛りでありますぅ~☆


リーグ3位ともなれば当然といえば当然かもしれませんが、
なんだかあんまり嬉しくなくなーい?なのはどうしてなのでしょう?!

個人的なこと言えばどちらかというとわたしは代表シンパ、
わたしは日本代表を愛してる!って言えると思ってます。

年々、

東京   >>>> 超えられない壁  >>>> 代表


になってきているとしても、それでも日本代表は応援するのが
当たり前だと思ってますし、召集を辞退する選手なんて
信じられない、サッカー選手なら常に日の丸を目指すべき、
日の丸を背負ってプレーできることを誇りに思うべき!
だと、常々そう思っています。たはずなんです。

なのに、どうしてなのでしょう?!
今の日本代表への選出に、岡田さんと反町さんのお声がけに、
なんだか素直に喜べないのです…;


なんでも欲しがるソリマチンだから?
大好きなコンちゃんをボランチで使ってくれないから?
のび太だから?


そうのような、そうではないような…。
わからない、わからないけど喜べない。
あー、どうしてだろう?そんな自分もイヤです;
彼らは喜んでいるんだから、素直に一緒に喜べばいいのにっ!

でも、でも、例えればそう、今のこのカンカクは
幼馴染の男のコに彼女ができたようなカンジ…。
あなたに彼のホントの良さが解かるっていうの?!
みたいな…f(^^;)


ふと思う。
これがオシムジャパンだったら嬉しかったかもしれない、
むしろ、歓喜の雨霰だったかも…とか考えちゃって、
ああ、ごめんなさい;こんなこと言っちゃいけないですよね;

でも、少なくとも今の段階のお二方に
彼らを託したい、一緒に戦いたい、
そう感じることのできないわたしがいるのです…。


このモヤモヤ、日本代表としての彼らのイキイキとしたプレーを
見たらすぐに吹っ飛ぶ、そんなものかもしれません、けど…;
そうなることを期待しています、けど…。ムムム…。



日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(4/21~23)に、長友佑都、今野泰幸、羽生直剛、徳永悠平選手選出のお知らせ


U-23日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/21~4/23) 梶山陽平選手、平山相太選手選出のお知らせ


日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(4/21~23)に、赤嶺真吾選手追加招集のお知らせ


U-23日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(4/21~23)に、大竹洋平選手追加招集のお知らせ


| | コメント (3) | トラックバック (0)